ラムダスの言葉

森の中に入って木々を見ると、色んな木が沢山ある。

曲がったものもあれば、真っすぐなものもあり、常緑樹もあれば、その他もある。

木を見て、その木をありのままに受け入れる。

その木が、なぜそういう木なのか分かる。

十分に日が当たらなかったから、そんな風に曲がったんだと、何となく理解できる。

だからといって感情的にはならない。

ただありのままを受け入れる。

その木の良さを認める。

人間の近くに行くととたんに、そのような物の見方を失ってしまう。

そして
「あなたは、こうありすぎる」だとか、

「私はこうありすぎる」と絶えず言う。

そのような批判的な思考になる。

だから私は、人を木に変えるように習慣づけている。

それは、人それぞれのありのままを認めるということだ。

ラムダス の言葉

ご冥福をこころからお祈りします

投稿者プロフィール

いとうまな
いとうまな
海外でのスキューバダイビングインストラクター活動中に、地球・宇宙・自然・人間に流れる自然エネルギーを体感。

帰国後、子供を亡くす体験からメンタルな分野に興味を持ち、35年歳の時に、高野山で修行し阿闍梨となる。

その後、量子論・宇宙論・生理学・心理学・瞑想などをさらに深く学び、個人と組織の変化をサポートし「個人と社会のための内面からの変革」「地球規模での生き方・ 意識のシフト」をモットーに活動を始め、現在に至る。

詳しいプロフィールはこちら